ようこそ、ダイブスピーシーズ奄美へ

 

 奄美大島ダイビングサービス ダイブスピーシーズ奄美は奄美大島の中心地名瀬にあり、

生物を中心にご案内しております。

ファンダイビング体験ダイビング・シュノーケル各種メニューを受付中

*******新型コロナウイルスでの営業再開のお知らせ*******

全国に及んだ緊急事態宣言も緩和されて解除が発表されました。

それに伴い、6/1より受け入れさせていただいております。今後の政府の動向でまた変更などあるかと思いますがその都度ご連絡させていただきたいと思います。

営業再開に伴いゲスト様を受け入れさせていただく上で当店もゲスト様同士やスタッフへの感染を防ぐために下記の取り組みをさせていただきますのでご協力をお願い致します。

・車や船での移動中はマスク着用を必ずお願い致します。*マスクはご自身でご準備ください。

・発熱、咳などの風邪の症状がある場合は当日であってもご参加できませんのでご了承ください。また体調の悪い方は申し訳ございませんが、ご旅行自体をキャンセルいただくようお願い致します。

・当日は車に乗る前に検温をさせていただきます。熱の37℃を超える場合はご参加いただけませんのでご了承ください。

・港までの車での移動は換気をしっかりさせていただきますのでご了承ください。

・ダイビング中の飲み物は感染防止の為ご自身でのご準備をお願い致します。

・ダイビング後のお店でのログ付けは中止とさせていただきデータを後程お渡しさせていただきます。ダイビング終了後はそのままホテルへお送りさせていただきます。

・到着日の空港送迎はさせていただけませんのでご了承ください。港までレンタカーなどでお越しいただくようよろしくお願い致します。

・ダイビング最終日はお店で器材を洗うことも可能ですが、水桶の水は次亜塩素酸にさせていただいております。器材など色褪せや傷みの恐れもありますので、気になる方は申し訳ございませんがホテルにて洗っていただくことをお勧めいたします。

 

*******************************************************

【奄美大島でのダイビング・シュノーケルはダイブスピーシーズ奄美にお任せください!】

ハダカハオコゼダイブスピーシーズ奄美は『少人数制のんびり安全に、丁寧なケアと楽しさと感動のある海』

をコンセプトにお店づくりを行っています。

安全にかつ楽しさとゲストの方々のリクエスト、ご要望にお答えするにはレベルによって

チーム分けを行い少人数でご案内することで、ゲストの方々一人一人にしっかりと

質の高いサービスが提供できると考えています。

写真をじっくりと撮りたい方、生態をじっくり観察したい方はもちろん

ストレスや不安を感じる方にも出来る限りストレスの要素を取り除き、

しっかりとサポートをさせていただきながら奄美大島の海を楽しんでいただけるようにご案内しています。

 

奄美で見られる生成物たち

 

ダイブスピーシーズ奄美のスタッフは全員がインストラクター歴10年以上

ガイド本数1万本以上だから安心。

経験豊富なインストラクターが快適ダイビング専用ボートで奄美の海をゆっくりのんびりご案内します。

これから奄美大島へ来られる方へ

7月~8月の奄美大島の気候と服装

  • 最高気温 28~33℃くらい。7.1更新
  • 最低気温 24~26℃くらい。7.1更新
  • Tシャツ、半ズボン7.1更新

7~8月の奄美大島ダイビングの装備

  • 水温25~30℃ 7.1更新
  • 5ミリワンピース 寒がりの方はフードベスト 7.1更新

7月~8月の奄美大島ダイビング・生物情報

  • ミステリーサークルが作られています7.1更新
  • イソカクレエビ属の一種が居付いてくれています7.1更新
  • 新名称ユリタツノコ(Hippocampus pontohi:ヒポカンパス・ポントヒィ)が外洋ポイントで見られています7.1更新
  • 3センチ程のホシカゲアゴアマダイ(ジョーフィッシュ)が13Ⅿで居着いてくれています。7.1更新
  • ホタテツノハゼが見られています。7.1更新
  • イッポンテグリの幼魚が居ついてくれています。7.1更新
  • ピンク色のオオモンカエルアンコウの幼魚が居ついています。7.1更新

 

  • ホムラハゼの動画
  • “米ニューヨーク州立大・国際生物種探査研究所”発表の“2015世界の新種トップ10”にアマミホシゾラフグが選ばれました。 

 

お荷物CHECK!